イサキ図鑑

イサキがよく釣れる時期(月)

イサキがよく釣れる時間(時)

イサキがよく釣れる地域

イサキがよく釣れる餌

イサキの詳細情報

エサ・釣り方 代表的な餌はイカ短だが、オキアミも効果的。バイオベイトも効果的なエサで幅3mm長さ1cmと細長くカットして使うと良い。 青イソメも持っておくと良い。
釣り場 ---
釣趣 ビギナーでも型と数が揃えられる
食味 身は白身で、マダイよりは柔らかくて脂肪が多い。刺身・焼き魚・煮魚・唐揚げなどいろいろな料理で食べられる
---
地方名 オクセイゴ(東北地方)、イサギ(東京)、クロブタ(神奈川)、コシタメ(静岡)、エサキ(北陸-山陰)、ウズムシ(近畿)、カジヤコロシ(和歌山県南紀)、イセギ(高知)、イッサキ(九州)、ハンサコ(大分-宮崎)、ハタザコ、ショフ、ジンキ(宮崎)、ソフ(鹿児島県内之浦)、クチグロマツ(奄美大島)などがある。南紀での呼称「カジヤゴロシ」(鍛冶屋殺し)は、イサキの骨が非常に硬く、骨が喉に刺さって死んだ鍛冶屋がいたことからその名が付いたと云われる。九州での呼称「イッサキ」は「一先」という字を当てられることが多い。 幼魚は黄色の縦縞模様がイノシシの子に似ていることから、各地でウリボウ、ウリンボウ、イノコなどと呼ばれる。大分では幼魚をウドゴと呼ぶ。
似た魚 シマイサキ(縞伊佐木) 西日本以南の汽水域でよく見られる。体に縦縞模様があり、名前にも「イサキ」とあるが、イサキ科ではなくシマイサキ科 で、イサキとはまた別物の魚である。
その他 ---
更新日時 1/16/15, 4:56 AM