イボダイ図鑑

イボダイがよく釣れる時期(月)

イボダイがよく釣れる時間(時)

イボダイがよく釣れる地域

イボダイがよく釣れる餌

イボダイの詳細情報

エサ・釣り方 釣りではあまりかかることが無い魚。 水深5〜10メートルの浅い場所でベタ底で釣ることが出来る。オキアミを用いたウキ釣りか、アミのサビキで釣れる
釣り場 ---
釣趣 成魚は全長30cmに達する
食味 身は淡白だが脂肪も乗っており、西日本では食用魚として比較的よく流通する。夏から秋にかけてが旬とされている。焼き魚にしても、骨が外しやすく、背びれの骨は柔らかく食べられるので、西日本では比較的好まれている。
---
地方名 ■ エボダイは東京での呼び名。シズ、シスと呼ぶ地域も多い。その他ボウゼ、ウボゼ、ウバゼ、バセ。愛媛県八幡浜ではアマギと呼ばれる。福岡県福岡市ではモチノウオ(餅の魚)。高知県でバカ、バカイオ、バケラ、ヘボ、ボーゼ、ボーテ、モー」。他にはアゴナシ、イボゼ、ウオゼ、ウボセ、ウボゼ、オシズ、ギチ、クラゲウオ、コタ、コタイ、シス、シズ、シマス、シュス、チョウセンアジ、テチョウ、テラフ、ナツカン、バカ、バケラ、ヒラタノメ、ボウゼ、ボセ、マガイ、ムツ、モチノウオ、モチウオ、ヨウオ、ヨシ、ヨヨシ。
似た魚 ---
その他 ---
更新日時 1/16/15, 4:56 AM