クロダイ図鑑

クロダイがよく釣れる時期(月)

クロダイがよく釣れる時間(時)

クロダイがよく釣れる地域

クロダイがよく釣れる餌

クロダイの詳細情報

エサ・釣り方 ゴカイ類や小型のカニ類に始まり、ザリガニ、カイコの蛹、トウモロコシの粒やスイカの小片に至るまで、様々なものが用いられる。小魚からオキアミ、カラス貝、アケミ貝、カニ、イソメ類、ボケ、カメジャコ、など
釣り場 ---
釣趣 ---
食味 刺身、塩焼き、潮汁、煮つけ、鍋物、汁もの、ブイヤベース
---
地方名 関西地方を中心に「チヌ」という別名がよく用いられるが、他にもクロ(東北地方)、ケイズ(東京都)、カワダイ(川鯛:北陸地方)、チンダイ(山陰地方)、チン(九州)、クロチヌなど、様々な地方名がある。ただし「クロ」など一部の呼称でメジナ類との重複が見られるので注意を要する。 また、成長によって呼び名が変わる出世魚でもある。関東ではチンチン-カイズ-クロダイと変わり、関西ではババタレ-チヌ-オオスケとなる。
似た魚 ヘダイ、キチヌ、ミナミクロダイ、メイチダイ
その他 晩夏から秋にかけては、堤防や小磯周りでカイズクラスの食いが活発になってくる。秋には、越冬のための体力向上や栄養蓄積の目的から、しばしば各地で荒食いをみせることがある。「落ち(おち)」と呼ばれる行動で、それが終わると、水温の低い冬を過ごすために深場へと移動していく。湾内や河口に多いのだけれどときにまったくの淡水域にも登る。そのため市場で冷蔵庫のない時代には真水で活かせる魚と言うので重宝したという。 クロダイを含めたヘダイ亜科は雄性先熟を行い、オス→メスに性転換する。ただし全てがメスになるわけではなく、雌性ホルモンが不足したオスは性転換しない。
更新日時 1/16/15, 4:56 AM