サバ図鑑

サバがよく釣れる時期(月)

サバがよく釣れる時間(時)

サバがよく釣れる地域

サバがよく釣れる餌

サバの詳細情報

エサ・釣り方 防波堤に大群で寄る小サバはサビキ釣りなどで簡単に釣れる。ハリ掛かりすると一気に横方向へ突っ走るので、追い食いは狙わず、 素早く取り込む。 船では、カゴ釣りでのコマセを撒くスタイルが主流.。
釣り場 ---
釣趣 正式名称はマサバ
食味 秋から冬にかけてが脂が乗って旬とされる一方、夏は味が落ちるとされている。〆鯖(きずし)、鯖寿司、焼き魚、煮付け、唐揚げ、缶詰、鯖節など。新鮮なものは刺身でも食べられるが、傷みが早いので注意が必要である。また鮮度の良いものであっても、アニサキスが寄生している可能性があるため生食は注意する必要がある。通常は塩鯖や缶詰など、保存が利くように加工された上で流通することが多い。 マサバの中でも特に脂の乗った鯖をとろ鯖と呼ぶ。
鮮度の良いものであっても、アニサキスが寄生している可能性があるため生食は注意する必要がある。
地方名 ホンサバ(各地)、ヒラサバ(静岡・高知)、マルサバ(静岡)、コモンサバ(長崎)、ホシサバ(新潟)、ヒラス(長崎)、タックリ(鹿児島)、サワなど
似た魚 同属のゴマサバは、腹面に小黒点が散在すること、体の横断面が円形に近いことで区別できる。他にも第1背鰭の棘条数(マサバ10以下・ゴマサバ11以上)、背鰭の軟条数(マサバ16以下・ゴマサバ17以上)などの相違点がある。
その他 ---
更新日時 1/16/15, 4:56 AM