ハクレン図鑑

ハクレンがよく釣れる時期(月)

ハクレンがよく釣れる時間(時)

ハクレンがよく釣れる地域

ハクレンがよく釣れる餌

ハクレンの詳細情報

エサ・釣り方 ---
釣り場 ---
釣趣 ハクレンは、コイ目コイ科アブラミス亜科に分類される中国原産の淡水魚。いわゆるレンギョの一種で、古くから中国で養蚕とリンクした養殖システムで食用とされてきた中国四大家魚のひとつでもある。最大で130cm以上にもなる大型魚で成長が早い。日本産のものは100cm程度までのものが多いようである。鱗は細かく、体色は白銀。下顎が発達した受け口で、眼は顔のかなり下の方に付く。非常にアンバランスな、まるで上下逆のような特徴的な面構えであり、地方によってはシタメとも呼ばれる。普段は河川下流域の上層から中層に群れを作ってゆっくりと回遊している。
食味 小骨が多いが、淡泊な味で、蒸し魚、唐揚げ、スープなど、各種の料理に用いる。コクレンよりは劣るが、頭が大きく味が良いため、頭だけを蒸したり、土鍋で煮る料理もある。四川の名物料理「水煮魚」(魚の唐辛子煮)、「酸菜魚」(青菜の漬け物と魚の鍋料理)には本種を用いることが多い。
---
地方名 レンギョ、シタメ、レンコ
似た魚 コクレン
その他 アオウオ、ソウギョ、コクレンと共に中国の「四大家魚」と称される。
更新日時 1/16/15, 4:56 AM