ムツ図鑑

ムツがよく釣れる時期(月)

ムツがよく釣れる時間(時)

ムツがよく釣れる地域

ムツがよく釣れる餌

ムツの詳細情報

エサ・釣り方 新鮮なサバの短冊が一番。シコイワシも食いは抜群だが、曲がらないようにハリ付けしないと、水中で回転してハリスがよれるので注意する。フラッシャーサビキの場合は、エサを使わない。防波堤など陸からは稚魚や幼魚をねらう。夜釣りで、電気浮きのサビキ釣り。 歯が鋭く、ハリスが切られることが多いので、仕掛けを上げたときには必ずハリスをチェックする。
釣り場 ---
釣趣 あたりはかなり明確。大変強く、竿先をガクンガクンと揺さぶる。
食味 繁殖を控えて浅場に移る冬が旬とされ、この時期は「寒ムツ」と呼ばれる。身は脂肪が多い白身で、刺身、煮付け、鍋料理、味噌漬けなどで食べられる。
---
地方名 ロクノウオ(仙台)、ムツメ(神奈川)、オキムツ、カラズ(富山)、モツ(高知)、クジラトオシ(福岡)、メバリ(長崎)、ムツゴロウ(鹿児島)、クルマチ(沖縄)、アカムツ(幼魚)、キンムツ、ギンムツ、ツノクチなど
似た魚 クロムツ:体色が黒っぽい。上顎の歯の数が少ないこと(ムツ13~15本・クロムツ9~12本) アカムツ:体色が赤紅色。スズキのなかま
その他 幼魚は沿岸の浅場の藻場で群れで育つが、成長するにつれて沖の深場に移動する。
更新日時 1/16/15, 4:56 AM