メジナ図鑑

メジナがよく釣れる時期(月)

メジナがよく釣れる時間(時)

メジナがよく釣れる地域

メジナがよく釣れる餌

メジナの詳細情報

エサ・釣り方 オキアミ。付けエサ、コマセ(寄せエサ)ともにこれが主流。アオサやアオノリなどの柔らかめの海藻類が生えているときには、それらを主食としていることが多いので、時期によっては、これらの海藻類をエサとした釣り「ノリメジナ」が盛んな地域もある。メジナ釣りの仕掛けには必ずといっていいほどカン玉が使われる。
釣り場 ---
釣趣 食用や磯釣りの対象魚として人気が高い。
食味 冬の新鮮なメジナはクセが無く淡白な白身で、刺身、たたき、カルパッチョ、焼き魚、煮付け、唐揚げ、鍋料理など様々な調理ができる。
---
地方名 クシロ(伊豆)、ヒコヤ、チカイ(北陸)、ツカヤ(丹後)、クロヤ(舞鶴・山口)、クチブト(関西)、グレ、ブレ(関西)、クロアイ(山陰)、クロ(岡山)、クレウオ(枕崎)、クロ (下関・九州各地)、シツオ(鹿児島)、クロメダイなど ※クロダイと似た地方名が使われることもあるので注意を要する。
似た魚 クロメジナとは、鰓蓋の縁が黒くないこと、鱗の付け根に黒斑があること、尾鰭末端の切れこみがカーブしている(メジナは後縁がまっすぐ)ことで区別する。同じく同属のオキナメジナとは上唇が薄いこと、若魚に黄色の横帯がないことで区別する。近縁のイスズミ(ゴクラクメジナ)も似ているが、こちらは黄色っぽい細い縦帯が多数ある。
その他 体色は青緑色を帯びた灰色で腹部は銀色だが、死ぬと青緑色が薄れ黒みが強くなる。
更新日時 1/16/15, 4:56 AM